限度額を増やしたい!~増額するための条件とは

カードローンの限度額は最初の審査で決定します。スコアリングと信用情報を重要視した審査により、自分の信用度からはじかれた金額となりますが、最初は限度額50万円と設定されるケースが多いようです。

しかし中には、限度額が10万円、30万円と少額の場合は限度額を増やしたくなることでしょう。 限度額を増やす=増額はどうしたらできるのでしょうか。

増額は信用がUPした証拠

ある日突然“増額しませんか?”と話がやってくることもあります。ATMを利用しているときにお知らせが出てきたり、電話がかかってくることも。このように向こうから増額話が持ち上がってくれれば、自分の信用度がアップした証拠と言えます。

また、自分から増額希望を出すこともできるので、電話や会員サービスのページで申請することになります。

増額できる条件とは?

増額するには審査があります。その審査に通るためにはやはり信用第一なのです。その審査でどこがポイントとなるのかをみていきます。

良好な返済実績

増額には相手と自分の間で信頼関係を築く必要があります。これは、カードローンの返済実績のことですが、返済遅延がない。完済をしたことがある。となると、“返済実績の良い顧客”となります。

まずは、半年~1年くらいの返済実績を作りましょう。利用間隔を短くし、ちょこちょこ借りてちょこちょこ返す。と実績が高くなり、増額のお声がかかる可能性もでてきます。

最新情報にする

結婚などによる苗字が変わったり勤務先や住所が変われば、すぐに変更連絡をすることが大切です。電話番号が変われば連絡がつかなくなる⇒貸倒れになる可能性がある。などとマイナス要素に繋がっていきますので、何か変更があれば必ず最新情報の連絡をしておくと、相手への信用度も上がります。

他社の利用状況も注意

増額したいカードローン以外にいくつもカードローンの契約をしている場合は注意しましょう。もし持っているだけで使っていないカードなら解約し、他社からの借入がある場合は返済しておきましょう。できれば、増額希望のカード以外は持たない方がベスト。

なぜなら、増額時の審査も信用情報機関への閲覧により他社での利用状況が分かるからです。もちろん、総量規制にもからんでくるので、借入総額が問題となってきます。

準備するものは?

金額によっては収入証明書類が必要となることもあるようです。得に消費者金融の場合は、増額希望が50万円以上だったり、他社との借入総計が100万円以上だと収入証明書類を求められるので、事前に準備しておくと申請もスムーズです。

増額するのメリット・デメリット

限度額が増えることが1番のメリットですが、限度額の金額に伴って金利が低くなるケースが多いようです。全ての増額にあてはまるわけではありませんが、ほとんどの場合、限度額が100万円を境に金利が低くなっています。今までよりも低い金利で借入ができることは大きなメリットです。

デメリットは審査があること。他社からの借入や返済日に遅れたことがあれば審査に通る確率も低くなります。新規の審査よりも時間がかかるし難しいという噂もあります。

増額を成功させるためには、“利用したらきちんと返済する”ということをくりかえし、自分の信用をあげることが重要です。


増額をせず、別のカードローンに申し込む

増額により借入枠を増やす方法もありますが、一時的な借入であれば利用中のカードローンよりもお得なカードを新たに申し込み、新しいカードローンでを利用する手もあります。カードローンのサービス内容は向上していますので、自分に有利なカードローンを探してみて下さい。

特徴のあるカードローン

無利息期間のあるカードローン
近頃は初めて利用する方にだけ無利息期間を設けているカードローンが多くあります。
月々の返済額が少ないカードローン
毎月返済しないといけない金額(月々の最低返済額)はカードローンによって大きく異なることをご存じでしたか?。
金利が低めの銀行カードローン
審査はかなり厳しめですが、銀行のカードローンは低金利でお得です。
カード発行なしのカードレス・カードローン
カードローンという名前も今は昔?カード発行のないカードローンも人気です。
即日審査・即日融資可能なカードローン
申込みから借入まで最短1時間のカードローンが増えています。





一つ前のページに戻る

トップページへ戻る




更新日:2017/04/26

このページの先頭へ