消費者金融のグレーゾーン金利

消費者金融への過払い金が戻ってくるかもしれません。』という決まり文句のCMや広告、ポスターを見たことありませんか?いったい何のことをいっているのかと思われる方も多いと思います。これは、2010年まで存在したグレーゾーンと呼ばれる金利で返済していた方は、利息を払いすぎているから戻ってくる。という内容のものなのです。では、グレーゾーン金利とはどんなものなのでしょうか。

以前、消費者金融などでお金を借りた場合の金利は15~20%を越えて29.2%の間の金利で貸し付けを行っていました。とても高い金利ですよね。なぜこのような高い金利になっていたのか。それは、出資法という法律では上限金利の29.2%以下で貸し付けを行うと定められていました。一方、利息制限法という法律では、上限金利は借り入れた額にもよりますが15~20%であると定められていました。普通なら15~20%の金利になるのではないか?と思うでしょう。なぜなら、従わなければ法律違反になってしまうからです。しかし、もう一方の出資法では利息上限は29.2%までとなっています。二つの法律で金利の上限を定められているのでどっちが金利の上限になるのかあやふやな状態ですよね。なので多くの消費者金融は15~20%以上で29.2%以下のあくまでも法律違反にはならない金利でお金を借りた方から利息を徴収していました。この15~20%~29.2%の間の金利のことはグレーゾーンの金利と呼ばれているのです。

現在は法律が改正されたのでこのような金利を掛けられることはなく、多くの消費者金融は18%の上限金利となっています。しかし、もしグレーゾーンの金利時期にコツコツ返済していた場合…本来なら払わなくてもいい分『過払い』していたことになります。なので、今まで余分に返済していた分は過払い金として戻ってくることがあるかもしれないのです。





一つ前のページに戻る

トップページへ戻る




更新日:2017/04/28

このページの先頭へ