消費者金融における借金の時効について

借金をしてしまった場合、ある一定の期間が過ぎると時効になるということをご存じでしょうか?刑事事件には時効があることはみなさんご存知だと思いますが、消費者金融からの借金にも時効があるのです。

時効と言う言葉の意味は、『時間が経過し本来は効果があることが消滅すること』を言います。時間が経過すれば、借りたお金を返済する義務が消滅するということなのです。民法によれば、【金銭の貸し借りで完済していない状態でも返済期限から10年経った時返済義務は消滅する】とあります。しかし、消費者金融からお金を借りることは金銭の貸し借りですが例外に当てはまります。消費者金融は“お金を貸す=商品”としているわけですから、商法が適用されるのです。商法には、5年経った時に時効になると記載があります。なので、消費者金融でお金を借りた場合、返済期限から5年経った時点で時効となるわけです。ただし、時間の経過だけで時効となるわけではなく、相手に時効だから払う必要はない!と主張し、それを認めて貰う必要があります。ここで相手が了承した場合、晴れて時効が成立するのです。

時効が成立して晴れて借金のない自由の身になれるか…というとそうではないのです。借金を延滞した場合や滞納した場合、その人の信用情報に傷が付きます。いわゆるブラックリストに載るということなのですが、借金を時効で消すということは『借金を踏み倒した』ということになりますので、もちろん信用情報には傷が付き、ブラックリストにも名前が載ってしまいます。ブラックリストに載るということは、今後、他社の消費者金融からお金を借りようとした場合や、ローンを組もうと思った場合不利になると言うことです。では、時効にしてしまったらどうすればいいのか。再度借金を払う意志をみせ、完済すればいいのです。借金を踏み倒してもあまりいいことはないのです。





一つ前のページに戻る

トップページへ戻る




更新日:2017/04/26

このページの先頭へ