返済時の方法と手数料

カードローンでお金を借りたらきちんと返済をしなければなりません。各カードローンによって返済方法は数タイプありますので自分に合った方法を選んで返済をしましょう。

でも、返済には手数料がかかるの?もし返済を忘れてしまったら…。返済日に返済できないかもしれない…。アコム・プロミス・モビットを参照して、返済についての不安や疑問を解消してみましょう。

返済方法

    返済方法を大きく4タイプに分かれます。
  • インターネット
  • 口座振替・銀行振込み
  • 店頭窓口
  • ATM

インターネット返済

銀行のインターネットバンキングを使って振込みをするのとは違い、“インターネット返済”という返済方法。これは、アコムのATMへ行ってアコムのカードで返済するのをインターネットで行っているようなイメージです。
土日祝日も24時間いつでも好きなタイミングで返済することができ、振込手数料が無料というメリットがあります。

アコムとプロミスでは、インターネット返済に利用可能なインターネットバンキングの事前手続きが必要となりますが、パソコンやスマートフォン、ケータイから返済ができるため非常に便利です。手数料は0円です。モビットの場合は、残念ながらインターネット返済には対応していませんが、銀行のインターネットバンキング利用で銀行振込みをすることは可能です。

口座振替

指定口座から自動的に引落しなので返済する手間が省けますし、手数料もかかりません。(一部取り扱いができない金融機関もあります)モビットは三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座限定となります。

銀行振込み

振込手数料を負担する必要があります。振込先は会員サービスか電話でも確認することができます。

店頭窓口

モビットは窓口・専用ATMもありませんが、アコムとプロミスの場合は店頭窓口とそれぞれ専用のATMでの返済が可能です。店頭窓口では返済計画などの相談もできますし、専用ATMでの返済には手数料はかかりません。

提携ATM

コンビニなどの提携ATMでの返済はATM手数料が必要ですが、全国に多く存在しているので便利に返済できます。(プロミスは三井住友銀行ATMなら借入れも返済も手数料無料)

その他

プロミスの場合は、下記コンビニでの返済方法だと手数料無料で返済が可能です。
ローソン・ミニストップのLoppi / ファミリーマートのFamiポート

返済のサービス

お知らせメール

返済日をお知らせしてくれるメールサービスがあるので、返済するのをうっかり忘れた!というのが防げます。

返済額について

決まった返済金額以上の返済は可能ですが、全額返済については電話で相談してみてください。
アコムでは返済日よりも早く返済とその分の利息が安くなります。それは支払期日が来る前に全額返済も同じです。

返済日に間に合わない!返済するのを忘れてた!

返済日までに返済ができそうにない場合や返済日を過ぎてしまった時には電話で相談してください。今すぐに返済するように。とは言われませんし、どのようにしたら良いかを教えてもらえます。ただ、延滞してしまった分については延滞利息が発生してしまいます。



返済日や返済金額の変更、返済日に返済できない不安や支払が滞っていることなどは、各カードローンごとに返済についての相談ができるようになっています。心配なことがあっても一人で悩むことなく、まずは相談してみてください。





一つ前のページに戻る

トップページへ戻る




更新日:2017/04/28

このページの先頭へ